『日本の伝統文化 ~和歌~』

「梅の花 さやかに白く 空蒼く

つちはしめりて 園しづかなり

伊藤左千夫(明治期の歌人)」


本部の梅が咲きほころんできました。

1月の下旬には本部にて

2月の上旬には九州道場にて

節分大祭が執り行われました。


まだまだ、寒い日が続きますが、暦の上では春を迎えました。


2月中旬には女性の会が行われ、若い世代の方から年配の方まで参加して「天皇さまと和歌」について学びました。


日本の正しい言葉・美しい言葉が失われつつある今、美しい大和ことばを見直そうと勉強会を開き、最後には和歌を作りました。

普段、和歌を詠むことはないので難しかったですが、美しい大和ことばに触れて、心があたたかくなりました。


是非、みなさんも美しい大和ことばに触れてみてはいかがでしょうか。


特集記事
最新記事
アーカイブ

    Copyright © 2014 宗教法人三五教 all rights reserved.