『八十八夜』

夏も近づく八十八夜〜♪



5月2日は八十八夜です。立春から数えて88日目。

「八十八夜の別れ霜」という言葉があり、

この頃から霜が降りなくなり、日に日に夏めいてきます。

八十八夜は昔から農作業の目安とされ、

稲の籾まきや茶摘みが始まります。

  

「八十八夜に摘んだ新茶を飲むと病気にならない」という言い伝えもあるそうです。

  

八十八を組み合わせると「米」になります。

また、末広がりの「八」が重なることから、

縁起の良い「農の吉日」ともされています。



本部では、4月下旬に籾まきをしました。


今年も豊作でありますように☆

特集記事
最新記事