『今年の稲の収穫量』

昔から日本ではお米を主食とし、稲は命の根(ね)として大切にしてきました。


今年は、全国的に日照不足にくわえ、「ジャンボタニシ」や「ウンカ(浮塵子)」が大量発生したそうです!!


ウンカは稲の茎につくと、そこから稲の栄養分を吸い出し、稲を枯らしてしまいます。せっかく稲穂が実っても、十分に生長することができなくなるのです。


教団の神田にもウンカが発生してしまいました。その為、今年の収穫量は減り、

毎年、一反あたり「7俵半」の収穫量がありましたが、今年は「6俵半」でした。


また、田んぼにはいろいろなお客様がやってきます。

また、ブログで紹介しますね!!


本当に食べるということ、生きるということは、簡単な事ではありませんね。

日々、お天道様、大自然に、またお百姓さんに感謝していただきたいと思います。




写真① はざかけ

はざかけをして、天日に干すとお米がより一層おいしくなります。


写真②

黒い点々がウンカです。


写真③④

ウンカの影響で所々、枯れています。


特集記事
最新記事
アーカイブ

    Copyright © 2014 宗教法人三五教 all rights reserved.