『春季大祭』

3月下旬、三五教総本部及び九州総主会において「令和三年辛丑年春季大祭」が執り行われました。

豊栄之舞

国の弥栄を祈念して、「豊栄之舞」も奉納されました。


今年は3月20日に春分の日を迎えました。


「春分」は二十四節気の一つで、彼岸の中日とも呼び、昼と夜の長さが同じになる日です。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言い伝えられています。

宮中では、歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式「春季皇霊祭」が行われる日でもあります。

民間でもご先祖様のお祭りの日とされています。


教団においても、ご先祖様に感謝の気持ちを込めて御霊堂春季大祭が行われました。


御霊堂春季大祭
神之舞

子供達による「神之舞」も奉納され、ご先祖様も微笑ましくご覧になられたことと思います。


本部春季大祭当日は、雨が強く、春の嵐のような天気ではありましたが、春風によってお祓いをしていただいたように感じました。

特集記事
最新記事
アーカイブ

    Copyright © 2014 宗教法人三五教 all rights reserved.