『春の訪れ』

九州道場では毎年20本余りの桜の木が、春を知らせてくれます。



本居宣長の詠まれた


「しき嶋の やまとごころを 人とはば 

朝日ににほふ 山ざくら花」


の和歌が思い出されます。


毎年、満開の花を咲かせる桜。その姿は生命力に満ち観るものを感動に誘い、内に眠った日本人のDNAが目覚める気がいたします。



なんだか、桜の木がお天道様に向かって思いっきり手を伸ばしているような・・・ありがたい恩恵を感じます。


咲いているときも美しく、散った後には花びらのじゅうたんに。

桜は儚く美しく咲き誇り、春の訪れを告げるとともに私たちを楽しませてくれます。


しかし・・・お掃除も大変だ。。。

来年の春が待ち遠しいですね!!

特集記事
最新記事
アーカイブ

    Copyright © 2014 宗教法人三五教 all rights reserved.